婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンド > ダイヤの「4C」について > 「4C」カラー > ダイヤモンドの人工的な色の処理

ダイヤモンドの人工的な色の処理

ダイヤモンドの人工的な色の処理

ダイアモンドの色を変化させる一般的な2つの方法

・最も一般的な方法は、放射線を使ったり、放射線と熱を組み合わせたりしている。
・化学薬品やプラスチックの超薄膜でダイアモンドを部分的にコーティングすることによっても色を変えることが出来る。

処理/照射/衝撃/フォイルバック

・照射とは、ダイアモンドの色を実際に変える処理法
・フォイルバックとは、セットする前に熟練工がダイアモンドの裏に着色した金属フォイルをつける方法である。また、ダイアモンドに色と輝きを与えるごく初期の方法である。

ダイアモンドの変色法、その際の注意、および処理色の評価法

・着色処理したダイアモンドの価値は、石の原価及び処理費用等多くの要素によって左右される。
・コーティングした石の価値は元の価値と等しく、コーティングの費用は加味されない。