婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > プロポーズについて > 【体験談】プロポーズ編 > 女性からの逆プロポーズ > 逆プロポーズ(女性からのプロポーズ)(体験談:20代後半 女性)

逆プロポーズ(女性からのプロポーズ)(体験談:20代後半 女性)

『自分がしたい時に結婚したいなら絶対逆プロポーズ』投稿者:M.Kさん(20代後半  女性)

最初は私も、彼氏に呼び出され、普通にデートしている時に、プロポーズの言葉と共に、サプライズ演出があり、小箱を開けるとダイヤの指輪が!!というシチュエーションに憧れていました。

が、実際の彼氏はサプライズを考えるのは苦手、というかそういう発想は一切なし。現実的で合理主義者、石橋も叩いて叩いて叩きすぎて割ってしまうような性格だったので、期待出来ず。その上、一度結婚をチラつかせた時には、んーまだ早いでしょ、みたいなリアクションだったので、これはこのまま待っていると、適齢期を過ぎる予感がしたので、逆プロポーズしました。

私は25歳位に結婚し、30歳までには二人位子供を出産し終えておきたかったので、自分から動きました。男性は結婚や子供が遅くても大丈夫ですが、女性は遅れると下手したらどちらも叶わなくなるのではという恐怖もありました。もう彼以外は考える気もなかったですし、どうせするなら早めが一番と思っていました。

プロポーズは、直球ストレートに上記の気持ちを伝えました。彼に異存はなかったようですが、まだ自信が無いかもと言うので、一人で全部支える必要はないし、私が早く育児を終えれば若いうちからまたガンガン働けるし働くから問題ないと提案しました。どうも彼は、結婚すると自由が無くなる、という心配よりも、家族を一人で養えるかが心配だったようで、私が子供を産んでもまた働くし、一緒に頑張ろうという感じだと伝えたら、ならいけるか?と感じたそうです。

自分から動いたお陰で理想通りの時期に結婚出来、子供も30までに二人産めました。早めに出産しておけば体力もまだありますし、再就職もしやすいので本当に良かったと思っています。彼に任せておくと、ちょうど今位にやっと結婚だったのでは…と思います。彼にかかわらず、男性は女性が考える今!!というタイミングよりも数年遅いなぁと友人を見ていてもすごく感じます。