婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンドについて > ダイヤモンドとは? > なぜ今、ダイヤモンド?

なぜ今、ダイヤモンド?

ダイヤモンド裸石

  100年に1度とも言われる経済危機に直面し、人々はライフスタイルの軌道修正を迫られています。しかしそれは、ほんとうの意味での「豊かさ」を考えるきっかけにもなったのではないでしょうか?

  お金をかけることだけが豊かさではありません。そのことに、賢い消費者は気づき始めています。自分にとって本当に必要なものは何か。自らの価値観を尺度とし、吟味し、消費する。あるいは、それだけにとどまらず、自らの消費と共に、「真の価値観」をサステイナブルにつむいでいく。

  例えば、最高峰の宝石であるダイヤモンド。過去も現在も未来も価値の変わらないその輝きは、ときにはお守りとして、ときには権力の象徴として、そしてときには不変の愛の証として、いつの時代も、どこの国でも人々を魅了してきました。実は、すでに9億年も前から、地球のマグマの温度はダイヤモンドを聖裔できるほどの高温ではありません。調査では、あと20年で枯渇するとも言われており、いま新興国では投資の対象にもなっているようです。

  そんな時代のニーズを先取りするかのようなダイヤモンド業界の動きが話題になっています。