婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > 婚約指輪について > 【体験談】婚約指輪編 > 婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

婚約指輪の出番は意外とある

婚約指輪の出番は意外とある』

投稿者:M.Kさん(20代前半 女性)

婚約指輪は、婚約が決まってから結婚式をするまで、お出かけする日は毎日付けて行きました。お出かけといっても、遊びや式場との打ち合わせの時で、職場には付けていきませんでした。普段使いには大き目のダイヤが乗っかっていますし、職場では目立ちすぎるかなと思い。

結婚式が終わってからは、友達の結婚式や、両親の還暦祝いなど、お祝い事の時は必ずつけて行きました。自分の持っているアクセサリーの中で一番高価な物ですし、ドレスなどを着ていると指輪が浮きません。20代後半に入ってから、怒涛のごとく結婚式が続き、ひどい時には一ヶ月に3回も結婚式があったり、割と付けていく機会は多かったです。日常使いは無くすのが怖いのであまりしませんが、主人と一緒に食事に行く時なんかに、たまに付けていくとスグに気付いて、なんだか嬉しそうです。私が髪を切っても気付かない主人ですが、指輪には不思議と気付きます。意外と主人にも思い入れがあるみたいです。

基本的に、普段は結婚指輪のみを付けています。婚約指輪を付ける日も、結婚指輪を同じ指にはめています。結婚指輪と婚約指輪を重ね付けしても、良い感じになるデザインの結婚指輪を選びました。

婚約指輪は主人に選んでもらい、結婚指輪は後日同じお店に主人と見に行き、一緒に選びました。どちらのケアも同じお店で出来るので、便利です。