婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > 婚約指輪について > 【体験談】婚約指輪編 > 婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

普段の日を特別な日にするために

『普段の日を特別な日にするために』

投稿者:N.Sさん(30代後半  女性)

結婚してそろそろ8年になります。婚約指輪は、プラチナに0.3カラットの一粒ダイヤが入ったシンプルなものを買ってもらいました。
結婚式の後の新婚旅行の時、結婚指輪と一緒につけていた位で、あとは招待された結婚式に着けていく位でした。
ですが、今は友達も一通り結婚して招待される機会もなくなり、もったいないなあ、と思いようになり、夫と出かける休日は、着けるようになりました。

指輪自体がシンプルですし、40歳を目前にしたら、このくらいは全然おかしくありません。子どももいますが、もう一番手のかかる時は過ぎて、だっこもそんなにしなくなったので、落としたり引っ掛けたりする心配も減りました。
また、夫婦になって父親と母親になっても、二人で出かける時は特別、という主人に対しての私なりのアピールでもあります。

それに、子どもが生まれて私が仕事を辞めてしまったので、自由に使えるお金がほとんどない今、高価なアクセサリーを着けていると気分が良い、というのも大きいです。私の好みを考えて、主人が選んでくれた物なので、デザイン自体も気に入っています。
幼稚園や学校にしていきませんが、どんどん着けています。指輪は身に着けるものですからね。子どもは娘なので、いつか譲ることができるのもうれしいですね。