婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > 婚約指輪(エンゲージリング) > 【体験談】婚約指輪編 > 婚約指輪の活用方法 > 婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

『日常生活に特別感を出す婚約指輪の使い方』

投稿者:Y・Aさん(30代前半 女性)

私が結婚したのはちょうど30歳になった年です。結婚準備を始めたのは結婚式の1年ほど前からで、なかでも私が楽しみにしていたのは婚約指輪の購入でした。

婚約指輪というのは、もしかしたら女性にとって人生で一番高価なジュエリーのお買い物になるかもしれません。そこで私は銀座にあるジュエリーのお店を何軒もまわり、最終的には某ブランドのダイヤリングを購入しました。デザイン的には、中央に一粒大き目のダイヤがついており、それを囲むようにアームの部分にも小さなダイヤが連なっている、婚約指輪としてはオーソドックスなものでした。

さて、せっかく気に入って購入した指輪なのだから、最大限に使おうと考えた私は、毎日職場につけていくことにしました。もちろん仕事中はつけられませんから、会社に行ったら更衣室で外してロッカーの中にいれておきました。今から考えると何とも不用心ですし、だいいち満員電車の中でダイヤリングをちらつかせる行為は、何とも嫌味な行いだったかもしれません。
しかし、婚約期間はある意味女性にとって最も幸せな期間なのですから、周りの人にも大目に見てもらおう・・・と今はそう思っています。

さて、結婚式後の使い方はというと、例えば友人の結婚式に招かれた時や、夫と行くたまの贅沢な外食、親戚の集まりなどにダイヤリングは頻繁に登場します。一つ良かったなと思うのは、私の指輪はアームにもダイヤがついている分、中央の一粒ダイヤの大きさは割りと小粒です。その分、日常生活のちょっとしたイベントにも使いやすいですし、結婚指輪とも合わせやすかったかなと思っています。