婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンドについて > ダイヤの「4C」について > 「4C」カラー > ダイヤモンドのカラーグレーディングについて

ダイヤモンドのカラーグレーディングについて

ダイヤモンドの選別について

カラーグレーディングについて

カラーグレーディングの照明条件

北面の窓から指す自然光は伝統的な標準であるが、ダイアモンドのカラーグレーディングには勧められない。場所、大気条件、および時刻によって光の質が変化するからである。

カラーグレーディングの一貫性に影響する要素

一貫したカラーグレーディングは3要素に左右される。それはマスターストーン、環境およびグレーダーである。

マスターストーンの使用法/GIAのDからZのスケールによるカラーグレイドの方法

・グレイドを決定するのは色相自体ではなく色の濃さなので、あらゆる標準色範囲のダイアモンドは、無色からライト イエローのマスターセットと比較してグレーディングされる。
・わずかな色の相違は通常パビリオンを通してみたほうがよく見えるので、グレーダーは一般に裸石をひっくり返し、テーブルを下にしてマスターストーンと比較している。しかし、カラーを確実に知るために、グレーダーは、石をフェースアップでいくつかの方向からみて比較する。
・ダイアモンドのカラーグレイドはテーブルを下にして行う。これは微妙な色の差がパビリオンを通してみたほうが見やすいからである。フェースアップの位置ではダイアモンドの地色を判断するのは、はるかに難しい。
・GIAの最上のカラーグレイドは「D」である。文字を使った他のグレイドシステムとの混乱を避けるためこれを開始点に選んだ。