婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > 婚約指輪について > 【体験談】婚約指輪編 > 婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

婚約指輪(ダイヤリング)の活用法

婚約指輪を身につけるために

婚約指輪を身につけるために』

投稿者:さやかさん(30代前半 女性)

プロポーズと同時にサプライズでダイアの婚約指輪を受け取り・・・そんなシチュエーションに憧れていた事もありましたが、私の婚約指輪は彼(後の夫)と一緒に選び購入したものです。私がファッションやアクセサリーが好きでこだわりが強く、気に入った物しか身につけない事を知っていた彼が、悩みに悩んで二人で選ぶ事を選択した様でした。私は指がとても短く指輪があまり似合わない事もあり、一日では決める事が難しく二日に渡ってかなりのショップを回りました。そのうち結婚指輪も一緒に・・・という事になり、婚約指輪と重ねずけできる様な少し細めの婚約指輪を中心に探し、婚約指輪としてカルティエラブリングのダイア入りを、結婚指輪としてラブリングを購入しました。

結婚後、婚約指輪を身につける機会がなく少しもったいなく思っていましたが、カルティエでチェーンを購入し、ネックレストップとして身につけています。同じブランドのラインで揃えた事により、セットの様に見えて高級感もありとても気に入っています。

婚約指輪というと立て爪タイプのイメージがあますが、結婚当初の自分にはやや大人すぎる気がして選択しませんでした。30代になり服装がこれまでより落ち着いてくると、立て爪タイプもやはり素敵なだなと感じる様になりました。