婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンド > ダイヤモンドとは? > ダイヤモンドの特性 > ダイヤモンドとは何か?

ダイヤモンドとは何か?

ダイヤモンドとは何か?

  ダイヤモンドは化学的に見ると鉛筆の芯などと同じ「炭素」からできています。(*ダイアモンドは99.95パーセント以上の純粋な炭素であり、残りは25種類以上の異なった不純物元素。)しかし、鉛筆の芯などと違ってダイヤモンドは、地球深部にある溶岩のマグマの中にある炭素が、気の遠くなる年月をかけ、高温、高圧の条件下で結晶したものです。つまり、神業とも言える偶然の条件が重なった時だけに生成されるのです。

  透明な無色のダイヤモンドが人気がありますが、色が美しく目立つファンシーカラーダイヤモンドも人気があります。イエローやブラウンの色合いは比較的よく目にしますが、レッド、グリーン、ブルーという色調の深い色は極端に珍しいものになります。(*美しさの無いイエローとブラウンは品質が悪いとされ、無色やファンシーカラーのダイヤモンドに比べ安く流通しています。)

・ ダイアモンドは等軸配列で結晶化した『炭素』でできた鉱物
・ダイアモンドは単一元素(C)でできた唯一の宝石であり、他の宝石はすべて2種類以上の組み合わせである。
・ダイアモンドは99.95パーセント以上の純粋な炭素であり、残りは25種類以上の異なった不純物元素
・ダイアモンドの結晶構造は等方性(アイソメトリック、等軸)である。等方性結晶の元素は基本的に全方向に対して配列(キュービック、立方)が等しい。

プロポーズにつかわれるダイヤリング

世界でもっとも美しく 最も人気のある宝石

目が眩むような輝きを放つダイヤモンドは、その圧倒的なきらめきで、人々の心をとらえて話しません。硬度、輝き、ファイア(輝く虹色の光)に優れ、人類の歴史の中で最も熱望された宝石のひとつです。エンゲージリングなど一生の記念となる宝石にも、ダイヤモンドは大変人気です。

「宝石の王様」として不動の地位を築いているダイヤモンドですが、この名前はギリシャ語で「征服されざる石」と言う意味の「amadas」に由来します。