婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンド > ダイヤモンドとは? > ダイヤモンドの歴史 > 古今を通じたダイヤモンド

古今を通じたダイヤモンド

ダイヤモンドに関する古今豆知識

人間の文化においてダイアモンドが持つ象徴的意味

  • 人間がダイアモンドを発見して以来、それにロマンス、神秘的な魅力、感情的な含みを結びつけてきた。
  • ギリシャ語の「アダマス」の意味は征服しがたい。

ダイヤモンド婚

  • 記録上、最初に婚約指輪を贈ったのはオーストリア大公マクシミリアンである。

世界最大のダイアモンドジュエリーコレクションがある場所

  • ワシントンのスミソニアン協会がアメリカ最大の宝石やジュエリーのコレクションがある場所である。
  • ホープダイアモンドを展示しているのはスミソニアン協会である。
  • 世界最大のカット ダイアモンドを所蔵しているのはイギリスである。(クラウンジュエル)

ダイアモンドの特性に関して古代からある最も根強い誤信

  • かつてダイアモンドは天国の雨や露からできると考えられてきた。また、ダイアモンドが再生するということ信じられていた。不滅であるという神話も広く行き渡った。
  • 何世紀もの間、語り継がれてきたダイアモンドに関する一般的な神話によると、これは破壊できない。

その他

  • 18世紀初期からダイアモンドが誕生石とされていたのは4月である。
  • 16、17世紀にダイアモンドを率先して購入したヨーロッパの国はフランスである。
  • 誕生石の表によってはダイアモンドが12宮の牡牛座と結びつけられている。
  • ナディ王とビクトリア女王とが所有したダイアモンドは、コイヌールである。
  • ルイⅩⅣ世に数多くのダイアモンドを売った有名なダイアモンド商はジャン バプチスト タバルニエである。