婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンドについて > ダイヤの「4C」について > 「4C」カラット > ダイヤモンドの重量の測定について

ダイヤモンドの重量の測定について

ダイヤモンドの重量測定

ダイヤモンドの重量を測定する方法

重量を測定する2つの方法

ダイアモンド裸石(ルースダイアモンド)は、ジュエラー用天秤で重量を直接量ることが出来ます。しかし枠付きダイアモンドの場合は、石の寸法を測って重量推定公式を使うことにより重量を産出しなければいけません。

ダイヤモンドの重量測定には①直接量る方法と②石の寸法から重量を推定する方法があります。

ダイアモンドの重量と寸法を正確に測定しなければならない理由

ダイアモンドはキャラット重量で売られています。ディーラーがダイアモンドを分類して価格表を作る場合、まず重量、その次にカラーとクラリティーを基準にするのが一般的で、価格は通常キャラットあたりの金額が表示されます。その為、正確に重量を測定することは重要となります。

はかり

測定機器の種類とその限界/裸石および枠付き石の測定方法

・「ライダー天秤」は分銅が動かせるようになっており、その分銅が棹についている目盛りに「乗る」というところからライダーという名前がつきました。
・「チェーン天秤」はライダー目盛りか、おもりのいずれかで整数キャラットを測定しますが、ポイントの測定には細い金属製のチェーンを使用します。
・「ライダー天秤」や「チェーン天秤」の場合、宝石の重量はライダーの分銅あるいはチェーンカウンターに、右側の皿の上のおもりをプラスした合計値と等しい。
・「レバレッジゲージ」および「スクリューマイクロメーター」は、ラウンドとファンシーシェープ両方のダイアモンドの測定に用いられます。「レバレッジゲージ」は枠付きダイアモンドの測定にも使用できるので最も便利です。
・ラウンドダイアモンドの重量推定にのみ使用できる測定装置は「モーゲージ」です。