婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > 婚約指輪について > 【体験談】婚約指輪編 > 貴方の婚約指輪の選び方(体験談:50代後半女性)

貴方の婚約指輪の選び方(体験談:50代後半女性)

『婚約指輪は一生の宝物です。』

婚約指輪は一生の宝物です。』

投稿者:華子さん

購入金額:約500,000円

デザイン:ハワイアンテイストで、プルメリアの花がモチーフ。土台はゴールド

 日系アメリカ人の夫がハワイから、私の母に会いに来てくれたのは、婚約後すぐのクリスマスイブの日でした。その時、貰ったのは何と結婚指輪だったんです。幅広のゴールドの素敵なリングで、プルメリアの花のデザインに、2人の名前が彫られていました。それはそれで嬉しかったのですが、矢張り、女性にとって、ダイヤモンドの婚約指輪は憧れですよね。一生に一度の事ですから、思い切って夫に正直な自分の気持ちを打ち明けたんです。

 夫は私と一緒に購入するつもりだったと、本心を明かしました。2人で相談しながら、結婚指輪をベースに、婚約指輪のデザインのモチーフをハワイのプルメリアに決めました。その花をダイヤモンドの両端に彫り込んだ簡単なデザイン画を、ハワイへ帰国する夫に手渡したんです。夫からすぐに届いたメールに添付されていたのは、何件かの宝石店からピックアップしたダイヤモンドリングの写真でした。その中の一枚が、何と私のイメージしたものに大変近く、一目で気に入ってしまったんです。私がその後、ハワイの夫の元を訪れた際、2人でお店に行き、実際、目で確かめ、お店の店員さんの対応も良かった事もあり、その場で購入することに決めたんです。ブランド品ではなかったのですが、夫が折角だからと、ダイヤモンドは小粒でも良質なものを大奮発して、オーダーしてくれた時は、この人と巡り合えた事に心から感謝したほどです。

 今でもあの時の光景は、鮮明に記憶に残っています。漠然とでも、自分のイメージするものがあれば、彼の予算の範囲内で一緒に宝石店を回って購入するのがベストです。それが叶わなければ、普段のデート中にお店のショーウィンドウを覗いて、こんなのがいいなと、それとなくアピールしていく事も大切ではないでしょうか。彼にはきっと伝わる筈です。