婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > 婚約指輪(エンゲージリング) > プロが教える「婚約指輪」 > 婚約指輪の選び方 > プラチナを選ぶ?金を選ぶ?

プラチナを選ぶ?金を選ぶ?

ダイヤモンドとプラチナ・金との相性

 ダイヤモンドは、基本的にはプラチナもゴールドも相性が合うのです。ただ、組み合わせによって、色の印象が違ってくる場合があるので、そこを理解して、コーディネートするようにしましょう。

プラチナの印象

 一般的にプラチナはクールで上品な印象、ときにはシャープな印象を与えます。ダイヤモンドとの相性もとても良く、特に高品質の婚約指輪は、そのプラチナの白色がダイヤモンドの煌めきをより引き立たせます。

ゴールドの印象

 一般的には華やか、高貴、派手な印象は温かみのある色になります。ゴールドのダイヤモンドリングは、カジュアルな印象になります。

デザインがあたえる印象

 素材の色だけではなくデザイン次第で、シャープで落ち着いた感じをもたせることや、クールや派手にもすることは可能です。

プラチナはクール、ゴールドは華やかと決めつけずに「どんな印象の指輪にしたいか」を優先に考えると良いでしょう。