婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンド > ダイヤの「4C」について > 「4C」カラー

「4C」カラー

ダイヤモンドのボディ・カラー 宝石の地色

 カラーは、ダイヤモンドを選ぶときに熟慮するもっとも重要な要素のひとつ。なぜかというと、多くの人が最初に気にする点はダイヤモンドが白い、もっと正確に言えば、カラーレス(無色)かどうかだからです。 「白色」のホワイト・ダイヤモンドは珍しく、仮にあってもそれほど魅力的ではありません。カラーは価値に影響します。 カラーとは、ダイヤモンドの天然の地色のこと。素晴らしく高価な「ホワイト」ダイヤモ...

ダイヤモンドのカラーについて

ダイヤモンドのカラーについて 地色/選択吸収とは? 地色とは、物体の基本的な色である。白光色(すべて様々な色の光をバランスよく配合したもの)が物体に反射したり物体を通過すると、物体は一部の色を吸収(あるいは除去)する。これが、選択吸収である。また、残った色の混合が物体の地色として見える。 ダイアモンドの色の基本的原因/吸収 物質の吸収、従ってその色は、その物質が含有する原子、その配...

ダイヤモンドのカラーグレーディングについ...

カラーグレーディングについて カラーグレーディングの照明条件 北面の窓から指す自然光は伝統的な標準であるが、ダイアモンドのカラーグレーディングには勧められない。場所、大気条件、および時刻によって光の質が変化するからである。 カラーグレーディングの一貫性に影響する要素 一貫したカラーグレーディングは3要素に左右される。それはマスターストーン、環境およびグレーダーである。 マスタース...

ダイヤモンドのカラーとセッティングの関係

ダイヤモンドのカラーとセッティングの関係 ジュエリー中の加工仕上げしたダイアモンドの見かけ上の色に影響を与える2つの要素 ・カット ダイアモンドの色の量は石のサイズとカットの仕方、そして枠付きかどうかによって大きく左右される。 ・石が大きいほど色がはっきり見える。(グラスに入ったワインより瓶に入ったワインのほうが色濃く見えるのと同様である) ・石の尖った先端は、色を引く傾向があり、尖った部...

ファンシーカラーダイヤモンドについて

ファンシーカラーダイヤモンドについて 様々な色の相対的な希少性、人気、および価値 レッドやグリーンは最も希少なファンシーカラーであり、パープル、バイオレット、オレンジ、ブルー、ピンクと続く。厳密にいうと、ホワイト、ブラックやグレーはスペクトルの色ではない。またブラックとグレーはファンシーカラーとみなされ宝石にファッション加工される。 カラーに関する一般的な業界用語 ・ブルーの蛍光のある...

ダイヤモンドの人工的な色の処理

ダイヤモンドの人工的な色の処理 ダイアモンドの色を変化させる一般的な2つの方法 ・最も一般的な方法は、放射線を使ったり、放射線と熱を組み合わせたりしている。 ・化学薬品やプラスチックの超薄膜でダイアモンドを部分的にコーティングすることによっても色を変えることが出来る。 処理/照射/衝撃/フォイルバック ・照射とは、ダイアモンドの色を実際に変える処理法 ・フォイルバックとは、セットす...