婚約指輪専用サイト エンゲージリングをお探しの方はこちら

カテゴリから記事を探す


商品メニュー


婚約指輪カテゴリー
ソリティア
サイドストーン
ティアラ
ラグジュアリー

価格から選ぶ

ダイヤの大きさが選ぶ

ダイヤの品質から選ぶ

Home > ダイヤモンド > ダイヤモンドとは? > ダイヤモンドの特性

ダイヤモンドの特性

最も硬く 最も美しい輝きを放つ宝石:ダイヤモンド。類稀な美しさと輝き、何物にも傷つかない硬さをもつダイヤモンドは宝石の王としての圧倒的な存在感があります。

ダイヤモンドを保護する「ガードル」の役割...

地球上で一番硬い物質だから、ダイヤモンドはどんなに乱暴に 取り扱っても大丈夫だと考えがちですが、実際にはダイヤモンドは 割れることも欠けることもあるということをご存知ですか? これはダイヤモンドの性質から来ることですが、宝石の王様でも アキレス腱があります。詳細は別の章でご説明いたしますが、 その割れやカケを防ぐためダイヤモンドには「ガードル」と 呼ばれる部分がございます。 ...

ダイヤモンドの「キューレット」の事実

「ダイヤモンドのキューレットは何であるの?」 「キューレットはあったほうがいい?」 このような疑問をお持ちではありませんか? 「キューレット」とは、ダイヤモンド下部の尖った部分の ことを示し、ほとんどすべてのダイヤモンドにキューレットは ございます。 普段はスポットライトのあびることのないダイヤモンドの一部分ですが、 ダイヤモンドの輝きや保護において実は重要な役割を持って...

なぜ今、ダイヤモンド?

  100年に1度とも言われる経済危機に直面し、人々はライフスタイルの軌道修正を迫られています。しかしそれは、ほんとうの意味での「豊かさ」を考えるきっかけにもなったのではないでしょうか?   お金をかけることだけが豊かさではありません。そのことに、賢い消費者は気づき始めています。自分にとって本当に必要なものは何か。自らの価値観を尺度とし、吟味し、消費する。あるいは、それだけにとどまらず、自ら...

ダイヤモンドの採掘について

  想像を絶する規模で広がる、   ボツワナのダイヤモンド鉱山。   しかし、24時間眠ることのないこの鉱山で   ダイヤモンド原石が発掘される確率は、   240トン積みのトラック1台あたり、   わずか1カラット(0.2g)ほどにすぎないのです。 ― 一粒のダイヤモンド原石に出会うことの奇蹟 ―   アフリカ南部の中心に位置する内陸国ボツワナ。世界最大のダイヤモンド産出国...

ダイヤモンドの選別について

 ボツワナの首都、ハボロネの中心部にそびえる、DTCボツワナ。10階建てのそのオフィスビルには、ボツワナの4つの鉱山で採掘されたダイヤモンド原石のすべてが運び込まれ、それらは、ボツワナが獲得する外資の実に70%もの価値を持つといいます。  ひと口にダイヤモンドと言っても、宝飾用となる原石は、産出量のわずか30%にすぎません。その多くは工業用となり、またレコード針用に加工されるなど、ダイヤモン...

ダイヤモンドの研磨について

ダイヤモンドは研磨され、ファセット(面)を施すことで原石は、輝く宝石へと生まれ変わります。 「ダイヤモンドの原石は一粒ずつ異なります。それぞれの輝きを最大限に引き出し、いかに美しく、大きく仕上げるか。正解がひとつとは限らないだけに、研磨は難しくも面白くもあります。学ぶべきことは尽きず、20年、30年の経験を重ねても、原石と向き合うときの緊張感は変わりません」  わずか100分の1ミリの角度...

ダイヤモンドとは何か?

ダイヤモンドとは何か?   ダイヤモンドは化学的に見ると鉛筆の芯などと同じ「炭素」からできています。(*ダイアモンドは99.95パーセント以上の純粋な炭素であり、残りは25種類以上の異なった不純物元素。)しかし、鉛筆の芯などと違ってダイヤモンドは、地球深部にある溶岩のマグマの中にある炭素が、気の遠くなる年月をかけ、高温、高圧の条件下で結晶したものです。つまり、神業とも言える偶然の条件が重なった時...