宝石・時計いのうえ

プロポーズ体験談 -Proposal report-

紙の気持ちを電波にのせて。大切な人への本当の気持ち投稿者:サツキさん(30代前半 女性)

私と彼は、大学時代に知り合い、ずっと友人関係を続けていました。
彼の方は、時折私を女性として意識しているところがありましたが、私は彼との友人関係が心地よく、また彼も私との関係を壊したくないようで、踏み込んだ話をしてくることはありませんでした。
私達は、出会って十年の間、お互いを励まし、応援し、慰め、大切にし合いながら、文通だけを続けていました。
メールが主流の世の中で、逆行したかのように見える紙での言葉のやりとりは、友人関係から恋人に発展するスピード感とリアリズムがなく、温いお湯につかっているかのようでした。

ある日、私達は喧嘩をしました。もちろん文通で、です。最初は怒りを込めた手紙を律儀にポストに投函していましたが、お互い待ち切れなくなり、いつしかそれはメールへと切り替わりました。
その喧嘩は、彼が私を心配しすぎたことから始まりました。
私は、「君には私をそこまで心配する権利がない」と、いわば彼氏面をするなという内容のメールを送り付けました。
すると彼は、「でも、心配だからしょうがない。大切だから心配する」という、今でもどこかで私を女性として見ている内容の返信をくれました。

私は、不安だったのです。長い間、本当に長い間、彼が私を諦めないで、まだどこかで女性として好きでいてくれているのかを。
私は、長年文通をしている間に、彼に特別な感情を抱くようになっていました。
けれど、彼が実際誰を好きなのかも分からないし、彼女がいるのかもわからない。それどころか、ずっと彼の気持ちを知りながら友人関係を続けてきた自分自身を、とても図々しいと恥じていました。

「権利を貰ってください」私のメールを見た彼は、すぐに電話をくれました。
「それはどういうこと?」と、問う彼に、「私を一生大切に思う権利を、心配する権利を貰ってやって下さい」と伝えました。

彼は、電話の向こうで泣いていました。ずっと、ずっと君の声が聞きたかったんだと。私も、彼の気持ちと全く同じでした。私達は、その年のうちに夫婦になりました。

写真

指輪のサイズがわからない方へ

サイズの測り方・無料測定器レンタル

指輪のサイズがわからない方、こっそり彼女へ婚約指輪を贈りたい方へ。
サイズ測定・サイズ確認用のリングを無料貸出しております。

詳しくはコチラ

婚約指輪の選び方

エンゲージリング選びのポイント

価格よりももっと価値のある指輪を選ぶために。選び方のポイントから、購入までの流れをお話し致します。

詳しくはコチラ

結婚指輪の選び方

マリッジリング選びのポイント

一生を共にする指輪だからこそ、選ぶ時のポイントを押さえることが納得のできる指輪選びには大切です。
宝石のプロだからこその選び方、結婚指輪選びのノウハウをご紹介致します。

詳しくはコチラ

ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドガイド

本当に良いダイヤモンドを、より低価格でお求めいただけるよう、いのうえでは直接鑑定士が買付けを行っております。
では、良いダイヤモンドとは?いのうえではまず、ダイヤモンドのお話からはじめます。

詳しくはコチラ

材質

指輪のマテリアル選び

一生ものの買い物だからこそ。
プラチナやゴールドなど、素材の特性を知り、用途やシーンに合わせた指輪選びおすすめしております。

詳しくはコチラ

宝石鑑定士の相談室

宝石のプロにご相談ください

いのうえでは、米国宝石学会公認鑑定士が常駐しております。
お困りの際や、気になる事など、なんでもお気軽にご相談ください。

詳しくはコチラ