宝石・時計いのうえ

素材-Material-

結婚・婚約指輪の素材で最も人気のプラチナ

プラチナは時を超えて輝き続けます

お客様生涯大切にしていただきたいからこそ、ずっとお使い頂ける高品質な貴金属「プラチナ」をお勧めしております。
プラチナは、美しさと硬度、耐久性を併せ持ちます。日常生活の中で変質・変色の心配がなく、傷がつきにくいため、いつまでも美しく輝き続けます。
また、紙よりも薄く糸よりも細く伸ばすことができるため、小さな爪でも宝石をしっかり留めることができます。エンゲージリングをはじめ高価なハイジュエリーにプラチナが選ばれるのはこの特性があるからこそです。

ダイヤモンドの輝きを引き出すプラチナ―

無色の高品質なダイヤモンドでも、リングの素材の色を反映して黄味がかって見えてしまうことがあります。
プラチナのシルバーはダイヤモンドの美しい輝きを引き出します。

プラチナは採れる場所も量も限られています

プラチナは、南アフリカなど世界のごく限られた地域で、限られた量しか採掘されないため、希少なのです。有史以来、地球上で採れたプラチナの量はゴールドの約1/30しかありません。また、3グラムのマリッジリングを作るのに約1トンものプラチナ原鉱石を必要とします。 わずかな量を取り出すために、膨大な手間と時間がかかるのです。
だからこそ、手にすることが喜びへとつながります。

プラチナ

欧米では結婚・婚約指輪の王道ゴールド

女性に人気のピンクゴールド

純粋なゴールドは錆びることもなく、古来より人類に愛され続けてきた普遍的な貴金属です。しかし、とても軟らかいため、銅・銀などを加え(割金)、強化してジュエリーに用います。
銅により割金することで、愛らしいのピンクが現れてきます。
変色する心配をされる方もございますが、メッキ出ない限りは変色の心配はありません。
使用年月とともに、表面に細かな傷が付き、ピンク色が薄くなることがございますが、磨き直すことで本来の色を取り戻すことができます。

ピンクゴールドやイエローゴールドも18K(75%が金)を選ぶことがポイントです。

肌との色馴染みや、ファッションに合わせて、ピンクゴールドの結婚・婚約指輪をお選びいただくと、コーディネートしやすくおすすめです。

ピンクゴールド
カジュアルな印象で日常使いにぴったりなイエローゴールド

黄みが強い肌の方、肌の質によっては、イエローゴールドがよく肌に馴染みます。
銀色のジュエリーよりもカジュアルな印象のイエローゴールド。
普段の服装に合わせて結婚指輪にイエローゴールドをお選びいただくとファッションの邪魔をせずおすすめです。

イエローゴールド

プラチナとゴールドのコンビで個性的に

プラチナとゴールドの良いとこ取り

プラチナとゴールド、2つの貴金属をあしらったデザイン。
普段ゴールドのアクセサリーが多い方でも、プラチナにゴールドのカラーが入ることによって、合わせやすくなります。

プラチナとゴールドのコンビ

指輪のサイズがわからない方へ

サイズの測り方・無料測定器レンタル

指輪のサイズがわからない方、こっそり彼女へ婚約指輪を贈りたい方へ。
サイズ測定・サイズ確認用のリングを無料貸出しております。

詳しくはコチラ

婚約指輪の選び方

エンゲージリング選びのポイント

価格よりももっと価値のある指輪を選ぶために。選び方のポイントから、購入までの流れをお話し致します。

詳しくはコチラ

結婚指輪の選び方

マリッジリング選びのポイント

一生を共にする指輪だからこそ、選ぶ時のポイントを押さえることが納得のできる指輪選びには大切です。
宝石のプロだからこその選び方、結婚指輪選びのノウハウをご紹介致します。

詳しくはコチラ

ダイヤモンドの選び方

ダイヤモンドガイド

本当に良いダイヤモンドを、より低価格でお求めいただけるよう、いのうえでは直接鑑定士が買付けを行っております。
では、良いダイヤモンドとは?いのうえではまず、ダイヤモンドのお話からはじめます。

詳しくはコチラ

材質

指輪のマテリアル選び

一生ものの買い物だからこそ。
プラチナやゴールドなど、素材の特性を知り、用途やシーンに合わせた指輪選びおすすめしております。

詳しくはコチラ

宝石鑑定士の相談室

宝石のプロにご相談ください

いのうえでは、米国宝石学会公認鑑定士が常駐しております。
お困りの際や、気になる事など、なんでもお気軽にご相談ください。

詳しくはコチラ