宝石・時計いのうえ

ダイヤモンドの選び方-Guide of Diamond-

4Cとは-About 4C-

ダイヤモンドの品質を細かく審査し、その価値を決定する基準となる要素「4C」。

1:カラー(色:color)
2:カラット(重さ:carat)
3:クラリティ(透明度:clarity)
4:カット(プロポーション:cut)

それぞれの頭文字をとって、「4C」とよんでいます。

カラー(Color)について

ダイヤモンドのカラー

カラーは、ダイヤモンドを選ぶときに熟慮する最も重要な要素の1つです。
なぜかというと、多くの人が最初に気にする点はダイヤモンドが白い、もっと正確に言えば、
カラーレス(無色)かどうか、だからです。「白色」のホワイト・ダイヤモンドは珍しく、仮にあってもそれほど魅力的ではありません。カラーは価値に影響する要因です。

カラーとは、ダイヤモンドの天然の地色のことです。
素晴らしく高価な「ホワイト」ダイヤモンドは、完全な無色で、清らかな湧き水のようです。
多くのダイヤモンドは、ほんのわずかな黄色か、茶色がかった色見をしています。

虹の色も全色揃います。天然の色付のダイヤモンドは、ファンシー・カラー・ダイヤモンドと
呼ばれます。ファンシー・カラーにはレッド、ピンク、ブルー、グリーン、イエロー、ブラウンなどがあります。

ダイヤダイヤカラー比較

左:薄い黄色 (K) 右:無色 (D)

婚約指輪に最適なカラーは「無色」

ダイヤモンドのカラーグレードは、G.I.A.(米国宝石学会)規定により
D(無色)からZ(薄い黄色)の23段階で評価されています。

エンゲージメントリングは無色~ほぼ無色のグレード、
D~Jがふさわしいとされています。
いのうえでは中でも、D~Gのダイヤモンドを数多く取り揃えております。

ダイヤモンドカラーグレード

ダイヤモンドのカラーとセッティングの関係

ジュエリー中の加工仕上げしたダイアモンドの見かけ上の色に影響を与える3つの要素

ダイアモンドの色は石のサイズとカットの仕方、そして枠付きかどうかによって大きく左右されます。

  • 石が大きいほど色がはっきり見える。
    (グラスに入ったワインより瓶に入ったワインのほうが色濃く見えるのと同様である)
  • 石の尖った先端は、色を引く傾向があり、尖った部分は色が一層はっきり見える。
  • 黄色の地金はブルーの石の色を殺してしまうし、ややイエローやブラウンのダイアモンドはより色が薄く見えるが、比較的濃いイエローやブラウンは一層深く深い色に見える。
    白い地金を使うとややイエローやブラウンの石はより濃く見えるが、ブルーの石の色は強調される。

以上のポイントを押さえることで、お選び頂く石の持つ魅力をより引き出すことができます。

リングとダイヤ

おすすめの婚約指輪

あわせて読みたい指輪の選び方

婚約指輪の選び方

エンゲージリング選びのポイント

価格よりももっと価値のある指輪を選ぶために。選び方のポイントから、購入までの流れをお話し致します。

詳しくはコチラ

結婚指輪の選び方

マリッジリング選びのポイント

一生を共にする指輪だからこそ、選ぶ時のポイントを押さえることが納得のできる指輪選びには大切です。宝石のプロだからこその選び方、結婚指輪選びのノウハウをご紹介致します。

詳しくはコチラ

いのうえだけの価格

いのうえならではの価格

高品質なダイヤモンドを可能な限りのお求めやすい価格で。いのうえならではの価格の秘密をお教えいたします。

詳しくはコチラ