宝石・時計いのうえ

結婚指輪の選び方-Marriage ring-

結婚指輪のフォルム

ストレートライン

ストレートラインの指輪

シンプルで定番の形がストレートライン。コーディネートを選ばず、飽きのこないデザイン。
重ねづけも楽しめるベーシックなラインです。

V字ライン

V字ラインの指輪

V字がアクセントになっているフォルム。縦のラインをつくるので、指をほっそりと長く見せてくれます。
シンプルながらも指をより美しく演出します。

ウェーブライン

ウェーブラインの指輪

洗練されたデザインのウェーブライン。やわらかな曲線が手指を美しく見せてくれます。
指先がエレガントな雰囲気に。

ウェーブライン

ウェーブラインの指輪

2本のラインがクロスしたような形のリング。
違う金属を合わせたコンビネーションとの相性がよいフォルムです。

結婚指輪のデザイン

シンプル

シンプルデザインの指輪

シンプルなデザインのリングは、普段使いにぴったりです。
スーツスタイルにも合わせやすく、男性にも好まれます。

ミル打ち

ミル打ちの指輪

アンティークの技法であるミル打ちを配したデザイン。いのうえでは、熟練の職人ならではの卓越した技術で、一つ一つ丁寧にミルを打って仕上げています。

モダン

モダンデザインの指輪

シンプルながら上質なセンスを感じさせるモダンシリーズ。
二人のこだわりをさりげなくアピールすることができます。

コンビ

コンビの指輪

違う金属を合わせて使うコンビ。
2つのカラーを配したデザインを楽しむことができます。また、ゴールドだけでは耐久性が心配でも、プラチナと組み合わせて強度も保てます。

宝石鑑定士のワンポイントアドバイス

2つ重ねることで、デザインが浮かび上がるマリッジリング

特別なものだからこそ、オリジナリティのある結婚指輪をお求めになられる方が多くいらっしゃいます。
人気があるのは、2つのリングを重ねた時に浮かび上がる模様やメッセージをデザインされる方です。

熟練の職人を抱えるいのうえでは、様々なご要望にお応えできるよう、専門の知識を備えたスタッフが
お客様を完全サポート。満足の行く結婚指輪作りを目指しています。

10年、20年経っても身に着けていたい結婚指輪を選ぶ

マリッジリングは生涯を共にする指輪です。だからこそ、今だけでなく、
10年、20年先でも着けていたいかを考えて、選んでいくことがポイントです。

米国宝石学会公認鑑定士専務取締役  井上晃一

あわせて読みたい指輪の選び方

材質

指輪のマテリアル選び

一生ものの買い物だからこそ。
プラチナやゴールドなど、素材の特性を知り、用途やシーンに合わせた指輪選びおすすめしております。

詳しくはコチラ

手や指のタイプで選ぶ指輪のデザイン

タイプ別診断

小さな手大きな手、指の長さや太さ等、手や指は人それぞれですが、指輪のデザインを正しく選ぶことで、もっと魅力的な手や指先を演出してくれます。

詳しくはコチラ

既成品?オーダーメイド?

フルオーダーやリフォームもいのうえ

一口に婚約指輪と言っても、購入方法は大きく分けて3パターン。それぞれの特徴を具体的にご紹介いたします。

詳しくはコチラ