宝石・時計いのうえ

婚約指輪の選び方-Engagement ring-

婚約指輪のフォルム

ストレートライン

ストレートラインの指輪

シンプルで定番の形がストレートライン。
まっすぐなアームラインがセンターの石の大きさをより引き立たせます。他のフォルムのリングとの重ねづけも楽しめるベーシックなラインです。

V字ライン

V字ラインの指輪

V字がアクセントになっているフォルム。
縦のラインをつくるので、指をほっそりと長く見せてくれます。シンプルながらも指をより美しく演出します。

ウェーブライン

ウェーブラインの指輪

洗練されたデザインのウェーブライン。
やわらかな曲線が手指を美しく見せてくれます。指先がエレガントな雰囲気に。

婚約指輪のデザイン

ソリティア

ソリティアの指輪

エンゲージリングの真ん中にダイヤモンドを一粒だけ配したシンプルな造りのソリティア。
普遍的で、王道のデザインは、不動の人気を誇ります。

サイドストーン

サイドストーンの指輪

中央の石のサイドに、メレダイヤモンドをあしらったサイドストーン。いのうえでは、メレダイヤモンドの品質にもこだわっているので、輝きがより一層引き立ちます。

ティアラ

ティアラの指輪

女性の永遠の憧れであるお姫様の象徴『ティアラ』をイメージしたデザイン。
上品で愛らしいデザインが魅力的です。

ラグジュアリー

ラグジュアリーの指輪

いのうえのラグジュアリータイプは、贅沢にメレダイヤモンドが散りばめられています。
豪華な輝きを放ちつつも、中央のダイヤモンドを引き立て、優雅な気品を漂わせます。

エタニティ

エタニティの指輪

リングの全周にダイヤモンドが途切れる事無く並んでいることから、永遠の愛の象徴とされています。約半周石が並んだものはハーフエタニティ、全周のものをフルエタニティと呼びます。

パヴェ留め

パヴェ留めの指輪

パヴェとはフランス語で石畳という意味で、石畳のようにメレダイヤモンドが敷き詰められているデザイン。華やかな輝きを持つリングです。

宝石鑑定士のワンポイントアドバイス

今人気があるのはサイドにメレダイヤモンドを配したサイドストーンタイプ

ゼクシィ結婚トレンド調査2013九州版によりますと、
今一番人気があるのは、メレタイプ(サイドストーン)…43%
次いで、王道のソリティア…41%、エタニティ…8%、パヴェ…7%の順です。

華やかなエタニティは、婚約指輪と結婚指輪を兼ねて贈られる方も多いようです。

米国宝石学会公認鑑定士専務取締役  井上晃一

あわせて読みたい指輪の選び方

材質

指輪のマテリアル選び

一生ものの買い物だからこそ。
プラチナやゴールドなど、素材の特性を知り、用途やシーンに合わせた指輪選びおすすめしております。

詳しくはコチラ

手や指のタイプで選ぶ指輪のデザイン

タイプ別診断

小さな手大きな手、指の長さや太さ等、手や指は人それぞれですが、指輪のデザインを正しく選ぶことで、もっと魅力的な手や指先を演出してくれます。

詳しくはコチラ

既成品?オーダーメイド?

フルオーダーやリフォームもいのうえ

一口に婚約指輪と言っても、購入方法は大きく分けて3パターン。それぞれの特徴を具体的にご紹介いたします。

詳しくはコチラ